上海生活 10.12


 

ニーハオ🐼

 

上海に到着してからちょうど1ヶ月が経過。

今年の9月から来年の7月まで、交換留学生として上海で生活します。

 

本当はまとまった記事を書きたかったけど、こっちのネット回線がダメダメなので画像など全然うまくアップロードできず、、

 

写真や思い出が増えていくばかりで記録に残せないのは悔しいので 日記的な感じで更新したいと思います

 

9月は本当にバタバタの毎日でした。今もバタバタしてるけど。。

 

とりあえず、想像以上に何もかもが乱七八糟(中国語でメチャクチャの意)なお国なので思い通りに行かないことだらけ。毎日ハプニング。カルチャーショックというよりも、ただのハプニング。ありえないことがありえる。通常起こり得ないことが起こる。そう、それがチャイナ。。

 

約一ヶ月前の9月11日は、大学、そして大学の近くにある寮に到着した日。

 

大学の風景

f:id:shayejia:20171013031156j:plain

f:id:shayejia:20171013031235j:plain

f:id:shayejia:20171013032859j:plain

f:id:shayejia:20171013031237j:plain

f:id:shayejia:20171013031209j:plain

美しい環境!!でも、敷地が巨大すぎる。ほんとに毎日、すごい量を歩いてる。教室まで行くのに川を超え橋を渡り…電気バイクで移動してる人も多い。


国際課の事務所に行ってから、宿舎へ移動。

f:id:shayejia:20171013021426j:plain

 

到着してすぐに撮った写真!

前の住民が残していった、イ・ミンホのでかすぎるポスターと、ベッドのマットレス。部屋には通常マットレスが無いらしいけど、なぜか私の部屋には残されてあった。部屋はホコリだらけ、シャワールームはカビだらけ。とりあえず、全部自分たちで住めるようにしてね!ということらしい。事前のメールには「寮にはマットレスが無いので、ホテルを一泊とっておくのをおすすめします」って書いてあったのだけど、(なんで寮に到着してもホテルにわざわざ泊まるん‥?)ってずっと疑問だった。やっとその謎が解けた。そう、ただただ、汚すぎる。。本当にホテルを取っておいてよかった。到着した日に寝れたもんじゃない。この日、寮のマネージャーに「あなたのルームメイトは韓国人よ。明日到着するらしい」と告げられる。わーい!!!韓国人の女の子!!!と、ぬか喜びする。

翌日、寮に向かうと、マネージャーから突然「あなたのルームメイトはハンガリー人に変更になったから!」と告げられる。!?!??! とりあえず混乱。

マネージャー「ハンガリーの彼女はもともと5階に住む予定だったけど、『部屋の状態もルームメイトのロシア人も嫌だ、あの日本人と一緒に住みたい』と言ってあなたを名指ししてる。だから変えた。」

!?!!!誰?!!!!ヌグセヨ!?

ハンガリーの女の子とは、この大学に来る前にFacebookでちょっとだけやりとりしてた。それだけ。会ったこともないし会話したこともない。なのにいきなり一緒に住みたいだなんて…距離の詰め方に恐怖を覚えて怯える。

 

「勝手に変えないでください、ちょっとその人怖いです」と必死で訴えるも、

「私が変更したんじゃない。後から到着した韓国人の女の子に部屋を選ばせたら、あなたの部屋とは違う部屋を選んだだけ。だからあなたのルームメイトが変わっただけ」と言い張られる。

「それでも怖いです、なんとかしてください」と主張、「なんとかしてみる。また連絡する。」と告げられる。が、結局その日の晩にハンガリーの女の子がちゃっかり私の部屋に到着しましたとさ(なんとかしてくれる訳なかった)

 

結局ハンガリーの子とは実際に対面してみると感じのいい子で今もいい感じに生活してるから結果オーライなんだけど、最近元々ルームメイトになる予定だったはずの韓国人の女の子に

「あなたが違う部屋を選んだから私達同じ部屋になれなかったんだよ〜」って言ったら

「え?マネージャーは部屋を選ばせてくれなかったよ??」と言われた‥。

まんまとマネージャーにハメられたことが発覚。が、後の祭り。本当に、あぁ、、、、そう、ここはチャイナ。(諦め)

 

最近聞いた事実。マネージャーはお金が大好きで、お金を出せば問題を解決してくれるらしい。しかも私達外国人に対しては実は割高な家賃を請求しているらしく、、、腐敗し放題かて。(素)

この寮ではロシア語圏の人々が多いんだけど、マネージャーはロシア語に堪能で面倒を見てくれるから彼らはマネージャーに頭が上がらないらしい。なるほど、、、社会はこうやって統治されるのか、、、(違う)

ちなみに日本人なんて私一人なのでマイノリティどころかオンリーワン。カースト最下位バンザイ!  

 

到着してすぐに必要だったためやむを得ず購入したミニオンの寝具カバーセット

 

f:id:shayejia:20171013154017j:plain

絵柄がアホ過ぎる!!!笑

 

f:id:shayejia:20171013023529j:plain

ルームメイトと一緒に生活用品買いに行った時のメモ。もはや懐かしい‥1ヶ月前のことなのに3ヶ月くらい前のように感じる。

 

f:id:shayejia:20171013032857j:plain

 

部屋の窓から見える景色。向かい側も別の宿舎。この区域にはは宿舎がズラーっと並んでいて、上班族(会社勤めの人々)や学生が住んでる。

 

そんなこんなで、スタート時点からカオス、この一ヶ月にあったことを書き記すだけで五万字くらい行きそうなのですが

色々なエピソードは思い出した時に書きたいと思います。

 

❁ 10/12(木)

 

この日は朝は国際課のオフィスへ行ってビザの変更の申請をしてきました。

私は1年間滞在予定だから本当は1年タイプのビザが必要なのに、半年分の入学許可しか出されず、今持ってるのは半年タイプのビザ。なので、変更が必要…。お金もかかるし来週健康診査に行かないといけない。本当に厄介。確実にこちらの大学のミスなんだけど「違う」って言い張られてる。。。そう、ここは(以下略)

 

お昼ごはんは第一食堂で。


f:id:shayejia:20171013023643j:image

これで11元、日本円約180円かな?

ご飯の量が信じられないくらい多いけど、進む!

 

 

大学の敷地が広いので、食堂が2つあります。一つの食堂に何軒もお店が入ってて、フードコートみたいになってる。当たり外れあるので、美味しかった店を記憶しておく必要あり。

 

第一食堂の三階には、ムスリムのためのハラール食堂があります

 

f:id:shayejia:20171013154026j:plain

f:id:shayejia:20171013154032j:plain

f:id:shayejia:20171013154040j:plain

 

イスラム風のフロア。美しい

 

f:id:shayejia:20171013154130j:plain

 

チャーハンはこんな感じ。

f:id:shayejia:20171013152658j:plain

キルギスタンの友達は、祖国の料理と同じ味だと言ってた。美味しい!

 

中国にいるとイスラム文化をとても身近に感じます。回族ウイグルの人々が経営している飲食店も多いし。ムスリムの友達もできた。



 

間食、お茶とチョコ。

f:id:shayejia:20171013023653j:plain

この緑茶、緑茶なのに甘い!間違えて甘い方を買ってしまった。上海の食べ物はなんでも甘くてお茶でさえ甘いので表記をよく見ないといけません。美味しいけど飽きる。油断するとこうなる。甘党な人にはいいかも?

 

午後から、まず空間設計(インテリアデザイン?)の授業を受ける。何言ってるか分からない部分多いけどとりあえずパワーポイント凝視。

それから現代中国語の授業。この授業の内容は、主に中国の文学の歴史について。パワーポイントが分かり易くてありがたい。今日は方言についての内容だった。中国は方言が多く、しかもそれぞれ標準語とかなり異なる。中国語…というのか中華圏の言葉、といったほうが正しいのか。奥深い。圧倒される。気が遠くなるけど、とりあえず基本的な単語力をつけるところを頑張らなければ…

 

 授業を終えて、晩ごはん。

どこかに出かけたかったけど疲れてたし外も寒かったので、晩ごはんは宿舎近くの第二食堂で。

 

f:id:shayejia:20171013023710j:plain



これは全部で20元。日本円約340円!

 

それから、同じ宿舎のキルギスタン人の友達が近所の良い果物屋さんを教えてくれたので、そこでキウイ購入

f:id:shayejia:20171013023727j:plain

寮には台所も冷蔵庫も包丁もまな板もないので、カットフルーツはありがたい〜〜

 

この日の夜、こっちに来て初めてバスルームで小さなゴ◯と遭遇。ひっそりと殺戮。。

最近突然寒くなったのと雨続きで湿気がすごかったからかな・・・?発狂しながら日本から持参したゴキキャップをばらまきました。頼むから出ないで欲しい!!

 

f:id:shayejia:20171013160250j:plain

f:id:shayejia:20171013160241j:plain


大学内は猫がたくさん!皆人懐っこい。癒される。猫咪~~~~

 

そんな感じで1日終了。