上海留学 上半期を終えて

 

こんにちは~

2017年9月〜2018年1月までの一学期分、約半年間、上海に留学していました。今は一時帰国中。

 

f:id:shayejia:20180114174049j:plain

 

留学上半期を終えたということで、思いつくままに感想を箇条書きにしてみます。

(11月くらいまで「上海生活」っていう題名で日記みたいなものも更新してたけど案の定続かず止まった…のでとりあえず下書き保存に投げ込んだ)

 

 上海で半年生活して感じたこと

 

・やっぱり人が多い
・外国人多い
中国地方出身者も多い
・野良猫も多い

・建物が大きい

・道路も広い
・大学が無駄に巨大

・毎日5kmは歩く

・中国大学生の生活スタイルが独特
・現地の大学生は四人部屋の寮生活、勉強勉強
・みんな早寝早起き
・外国人寮でも人権とプライバシーはない
・大学の職員が仕事しない


・基本店員の勤務態度もゆるい
・お店と客の関係は対等
・基本謝らない
・お店のレビュー欄で堂々と喧嘩し合う、客と店側
・そういうの読むの面白い
・評価社会、レビュー大事
・超キャッシュレス社会 
・財布を持ち歩かない日々


・食事配達の出前アプリが便利
・最強の通販サイト、淘宝
・タクシー拾うのもシェア自転車探すのもアプリ
・何するにもアプリ生活、スマホの容量が死ぬ
・街中の政治スローガンポスター・看板の多さ
共産主義共産党のシンボルである鎌と槌マーク、よく見かける
・街中にアルファベット少ない
・アルファベットよりも漢字


・旧租界地エリアの居心地の良さ
・新天地、徐家汇!!おしゃれ
・夜景はやはり外灘
・クラブの身分確認の緩さ
・プロモーターと繋がれば無料入場、無料飲酒
・客層大体外国人
・ソファ席多い、フロア小さい
・中国人はソファ、外国人はフロア
・バブリーな中国人
・クラブのオジサン率
・たまにいるお爺さん
・終電が超早い
・閉店時間も早い
・中国人は早寝早起き


・バス揺れすぎ

電動バイクの普及率の高さ

・友達も皆乗ってる
・歩行者より車が強い世界
・人体にスレスレの距離で通過する車
・道路渡るの命がけ(でも慣れる)
・歩道のど真ん中を走るバイク、しかもクラクション鳴らしながら猛スピードで
・中国で運転する勇気はない
・外出時のティッシュ必須
・基本トイレがしんどい
・そもそもトイレ少ない


・物価はそんなに安くない
・食事内容が豊か
・新疆ウイグル料理おいしい
・深夜に食べてしまう烧烤
・安定の火鍋
・つい具材を取りすぎてしまう麻辣烫、麻辣香锅
・果物が安い、美味しい
・生野菜サラダ少ない
・味付け濃いめ、甘め
・何でも甘い、お茶も甘い
・ヨーグルトが濃厚、パッケージも可愛い
マクドナルドよりケンタッキー


・人々の独特なファッションセンス
・意外と平均身長低い?
・男性の角刈り率
・赤色と金色大好き中国人
・ショーウィンドウの洋服の赤色率
ハイブランドでもショーウィンドウがダサい
・ブランド物でもパチモノに見える
・ドルガバなのに淘宝の商品に見える
・洋服のデザイン派手すぎ
・ワッペン付けすぎロゴ多すぎ
・どうしたアディダスオリジナルス


・カフェが少ない
・本屋が少ない
・雑誌が本屋に置いて無い
・2017年からより厳しくなったネット規制
・ネットが自由にできないのやっぱしんどい
VPNアプリ開くの面倒くさくなる
・ググれないので百度(Baidu)する
・インスタ出来ないがそもそも"インスタ映え"とは無縁の生活
・何を撮っても溢れ出る生活感、生々しさ
・淘宝の写真付きレビュー見るとむしろ購買欲失せる説
・みんな写真撮るのテキトー、雑
・中国でいうLINEの微信(WeChat)は便利
・音楽アプリも便利
Youtube見れないの辛い


・中国メインストリームでヒップホップが流行
・皆大好き鹿晗と吴亦凡
・韓流文化はがっつり定着している

・アニメ、Jpop(ロック)好きの人多い
メイドインジャパンのブランド力の強さ
・エセ日本風ブランドも多い

・謎の店「MINISO メイソウ」


・街中に日本人少ない
・ロシア人という愉快な人々
旧ソ連国のロシア語圏の愉快な人々
・身近に感じられる中央アジア
カザフスタンウズベキスタンに行きたい
・気になるモンゴル、国と国民性
・韓国人コミュニティの強さ
・中国という多民族国家+様々な国から来た外国人=カオスな惑星
・帰国して感じた日本の面白いところ色々

 

こんな感じです。後でまた思い出し次第追記予定。。もはや中国(上海)生活あるあるみたいになってしまった。詳細は今後書いて行きたいと思います~~